新しい卓上型クーリングトンネル

いよいよ新しい卓上型クーリングトンネル「SuperMicro Cooling3000」の試作・テスト機が出来上がりました。
Cooling3000_01

まだ、架台ができていないので、適当な台に載せているだけです。
コントローラーはシンプルになっており、標準でトンネル内にファンが4基設置されています。
Cooling3000_2
*コントローラーのデザインは大きな液晶画面へ変更されることがあります。
AからD合計4つのゾーンのファンは独立して風量を調節できます。
スイッチ付きのボリュームによるコントロールですので、スイッチを入れるとLEDが点灯し、右に回すごとに風量が増します。

今回から卓上型エンローバーによる生産性をより高めるために(速度を上げて使用できるようにする為)標準のコンベア長さを3mとしています。
Cooling3000_3
もちろん2mも可能なのですが、冷却時間を確保するためにコンベアの動作速度を落とさないといけなくなります。

卓上型クーリングシステムとしては最長4mを考えています。

冷却システムは柔軟に対応できるようになっており、冷却器を2台搭載する事も可能です。
テスト等行いましたらまたお知らせします。

Anliker Lで玉ねぎの角切り

Anliker Lについて、あまり資料がないので実機を使って色々とテストをしてみます。
今回は難しそうな玉ねぎを角切りしてみました。
00_00_00
AnlikerLの特徴として、大きな投入口があります。
00_00_37
これを使わない手はないので、出来るだけ沢山投入しました。
この通り、満杯です。
00_00_41
カットします。
角切りのカットは特に早いです。
00_00_50
水も殆ど出ずみずみずしいいカットができました。
00_01_02

今回のテストも動画を撮影していますので、後日アップします。

60リッターミキサー入荷

60リッターミキサーが入荷されました。
SP60-01
安心してご使用いただけるよう念入りな動作チェックがされます。
SP60-04
SP60-02
最近は大きなモデルが人気です。
「使える」「コストパフォーマンスがいい」とのこと。
国産のミキサーは精密で、高品質、高機能でいうことがないのですが、「少し使うだけ」の方には少々値が張るとのことでした。
バリュー感に優れたミキサー、詳しくはこちらからご覧いただけます。

Anliker Lで波切りテスト

Anliker Lについて、あまり資料がないので実機を使って色々とテストをしてみます。
今回は大根をつかって波切りをしてみました。

では早速。
波切りの刃を取り付けます。
00_00_13
大根を投入して、カットします。
00_00_23
素早いカットです。
00_00_35
とても綺麗で、切りたてを食べたくなりますね。
00_00_39

今回のテストも動画を撮影していますので、後日アップします。

Anliker Lでジャガイモの角切り

Anliker Lについて、あまり資料がないので実機を使って色々とテストをしてみます。
今回はじゃがいもの角切りをしてみました。
00_00_00
Anliker Lは、これまでのFiveシリーズとは違い後ろ方向にヘッドが開くようになっています。
00_00_02
排出プレートを取り付けます。
00_00_07
角切りの格子刃を取り付けます。
00_00_13
角切りの扇刃を取り付けます。
00_00_16
ヘッドの開く方向以外はFiveシリーズと同じ使用感です。
早速ジャガイモを投入できるだけ投入します。
00_00_26
00_00_31
カットします。
00_00_35
一瞬でカットできました。
00_00_40
素早いカットでしたが、カット面も綺麗でした。

今回のテストはビデオに撮影しましたので、後日アップします。

20リッターミキサーの在庫

いよいよ在庫最後の20リッターミキサーが出荷されました。
近々入荷を予定していますが、即納はできないのでご了承下さい。

この機種は特別機種で、デジタルタイマー式のものです。
通常のアナログタイマーに比べると少し価格があがりますが、細かく時間設定ができて好評です。
SP200-02
SP200-01
最近は50リッターや60リッターの出荷が多かったので、コンパクトに見えます。
ミキサーについて詳しくはこちらからご覧いただけます。