秘蔵カッティング・ヒント集!?

高機能野菜・果物カッター・ユーザーの皆様やアゼットWEBサイトをよくお越しの皆様では既にご存知の方が多いかもしれませんが、カッターの使い方、実際の切り方を定期的にピックアップして掲載している下記ページについてです。
web01
↓ ↓ ↓
web02
↓ ↓ ↓
eb03
「ちょっと聞いてみたい!」ブルーナーカッター体験レポート。
実は100ページを超える冊子があったのです。
過去にブルーナージャパンでは、この冊子をカットヒント集としてキャンペーンで本体にマニュアルと一緒に同梱していた時期があったようです。
圧倒的な量にびっくりですね。
様々な食材、切り方を掲載していたようですね。
現在では今問い合わせが多い切り方を優先的に掲載しているようですが、もし、本ブログをご覧の方で、冊子が欲しいという方はご連絡下さい。
用紙、印刷、製品代のみで送付致します。

FOOMA製品紹介用の写真

展示会FOOMA(国際食品工業展)の書類準備は3月に締め切りになっていました。
申し込みもさることながら、書類準備も既に3か月以上前に終わっているということですね。
今回は製品の紹介欄に掲載する写真を用意していたようです。
カッター用とストリンガー用の2種はこちら;
.jpg
.jpg

IR250でチーズを沢山粉砕してみました。

BRUNNER社のIR250を使用して大量のチーズを粉砕しました。
cheese01
分かり易いようにホッパーの蓋を外しています。(危険ですのでマネはしないように願います。)

チーズは一辺が約15ミリ~20ミリほどの大きさに切りました。
チェダー、パルメザンの2種類のチーズがあります。
cheese02
丁度ウィングとドラムの間に投入するチーズが入り込むのが理想的な大きさと言えます。
さて、早速

それは一瞬の出来事でした。

この粉砕シリーズというかIR250に関しては写真での説明が非常に難しいですね。
一瞬で粉砕が終わってしまうので。。。
やはり動画の方がいいかもしれませんね。ただ、結構色々な音が入っているので動画も微妙かなぁなんて考えています。

残った大量の野菜を大量に粉砕する。

BRUNNER社のIR250を使用して残った大量の野菜を粉砕しました。
目的はこの粉砕した野菜を動物のえさにする為でした。
さて早速。

バケツ何倍もの量の野菜がありましたので、次々と投入します。

アッという間に粉砕されていきます。

びっくりするほど早い粉砕です。
凄く大量に食材があったのですが、粉砕すると使用面積が少なくなりびっくりしました。
その分質量が上がるというか、同じ面積当たりの量が増えるので運ぶのが重くなってしまいました。

野菜・果物カッターで鳥のささみカットする2

回に続いてサラダに入っている鳥のささみカットをテストします。
今回は前回の千切り刃を使わずにスライス刃のみを使い2回切ることで実現しようと思います。
まず10ミリのスライスを行います。


その後6ミリのスライス刃に交換しスライスします。

いかがですが、かなりイメージに近いものになったのではないでしょうか。

工業用粉砕機でアーモンドやナッツ類を大量粉砕!

BRUNNER社のIR250工業用粉砕・シュレッド機を使って生アーモンドを大量に細かく粉砕しています。中々圧巻な光景でした。

ちょっと写真が悪いのは実は動画から写真にしたからです。
実に凄い量のアーモンドが流れてきています。

細かくスピーディーに粉砕できていますね。